top of page

日本では年間で約2万頭もの犬や猫が殺処分されています。

理由のひとつにペットショップ問題があります。

 

ペットショップで販売されているほとんどが1歳未満の犬猫です。

もし売れ残って1歳以上になってしまった場合には

ペットショップの判断でブリーダーに譲渡されるか、

保健所に引き取ってもらいます。

 

その結果、人気の品種が大量に繁殖され、

売れ残った結果、年間何万頭もの殺処分に繋がっています。

 

ペット産業が盛んな日本では、悪質なブリーダーが多く、

小さなゲージにいれられて販売用の子供を作るために、

生涯出産だけを繰り返しボロボロになって死んでしまうこ。

素人が帝王切開をして殺してしまうケースや、

産めなくなったあとは放置して餓死させることもあるそうです。

ブリーダーはオークションで犬や猫を入札します。

段ボールの箱に入れられてレールの上を流れていくのを入札するそうです。

過去にその流通過程で2万頭が死んでいたことがわかっています。

そして、安易にペットを飼ってしまう人。

「なつかないから」

「引越しで飼えなくなった」

「子供ができたから」

これらは保健所に捨てにくる飼い主の理由です。

どれも命に対してありえないものばかりです。

お買い物のついでに、衝動買いができるような場所で

命を展示販売していることや、

命に値段が付いていることがすごく悲しいです。

私はペットショップでの生体展示販売に反対しています。

※決してペットショップが反対という事ではありません。

ペットショップで働いてる方の多くは動物が好きな方だと思います。

生体販売をなくして、フードやお薬の販売、トリミングや、

ペットについての相談ができるような場所が理想です。

ペットショップで販売されている子たちと同じように、

殺処分される動物も生きるべき命です。

量繁殖、大量破棄という

ペット産業のシステムに加担せず

保護施設や譲渡会に参加してほしいです。

dd4218_87958c604cdd4046b5d56f200eb4c716~mv2.jpg

​保護施設について

保護施設は行き場を失った犬や猫を保護するための場所です。

主に保健所からの引き取りや、猫の場合は外で繁殖した子猫を保護することが多いです。

これ以上過酷な環境で生まれてくる命がないように親猫の避妊や去勢手術をし、

住み慣れた元の場所にリターンをするTNR活動を行っている施設もあります。

TNRとは、

・Trap(トラップ/保護)

・Neuter(ニューター/不妊・去勢手術)

・Return(リターン/元の場所に戻す)

を略した言葉。

捕獲器などで野良猫を捕獲し、不妊・去勢手術を行い、元の場所に戻すこと。

施設に保護されてからは、新しい飼い主が見つかるまで病気や怪我の治療をし、

遊びながら人に慣れてもらう訓練や、犬の場合はお散歩のトレーニングなどを行います。

多くが一般のボランティアの方の存在によって支えられています。

私は毎週1回、保護猫施設でお掃除やお世話のボランティア活動をしています。

物資や資金は寄付によって成り立っていることを知りました。

レスキューされる猫の数の多さにも驚きました。

去勢・避妊手術の費用や医療費も当然かかります。

常に物資や資金が十分に足りている状況とは言えませんでした。

寄付はお金だけでなくボランティア活動をして時間を寄付することもできます。

施設で保護できる頭数に上限があるため、施設に空きができるまで

自宅で一時的に預かりお世話をする「預かりボランティア」や

子猫のお世話をする「ミルクボランディア」などもあります。

 

今からペットを迎えようとしている人にペットショップではなく

保護猫・保護犬のことを教えてあげることも大きな貢献に繋がります。

IMG_0448.JPG

私は絵を描く活動を通じて

動物のために何かできることはないかと常に考えていました。

そして保護猫や保護犬の支援につながればと思い

2020​年からチャリティーグッズの制作と販売を始めました。

活動の利益を保護施設や団体に寄付させて頂きます。

​人も動物も寄り添い優しい世界になるように願っています。

Charity Art Project

保護施設支援アートプロジェクト

色鮮やかなペットの似顔絵

手描きならではの温もりある重厚

agate.png

​保護猫の魅力をアート作品にしました

shop.png

Charity Goods

オリジナル商品一覧

gray_ec.png

Long Sleeve Shirt

ec.png

Reusable Bag

NOKILL.png

NO KILLデザインに込めた想い

「動物たちが幸せに暮らせる未来でありますように」

そんな願い込めて

生命力溢れる鮮やかなお花と

「NO KILL(殺処分反対)」

の強いメッセージを掛け合わせました。

身に着けることで誰かと

動物愛護について

話したり、考えたり

きっかけになれたら嬉しいです。

bottom of page